ジーノに含まれている有効成分

ジーノは肌の潤いの決め手であるアミノ酸に特化した化粧品

アミノ酸研究の第一人者である味の素が研究に研究をし、どういった成分であれば美肌にいいのか、アミノ酸もどのような形であれば肌に浸透しやすいのか、40年以上研究し誕生したのがジーノです。

 

このように研究しつくされたアミノ酸をふんだんつかったジーノは、美肌に不可欠なアミノ酸たっぷり!

 

その実感は使った人でなければ味わえないでしょう。つかった直後に肌のやわらかさにびっくりすることでしょう。

 

アミノ酸は潤い成分のもと

アミノ酸は本来は化粧品をつかって外から補うものではなくて、もとから肌に備わっている保湿成分なのです。(NMFとも言われます)

 

この天然の潤い成分であるNMFがあることで、外からの刺激を緩和したり、乾燥から肌を守り、きめ細かい肌を維持し続けてくれているのですが、ケア不足やストレス、また現代社会において、エアコンや外気の汚れにふれる機会が多くなった私たちの肌は、本来持っているNMFだけでは補いきれないのです。

 

そこでジーノのアミノ酸で足りなくなった潤いをチャージ。トラブルのある肌や乾燥肌の方は、この天然成分アミノ酸の量が健康な肌の方にくらべると6割も少ないといわれています。

 

ジーノに含まれているアミノ酸成分は、通常のアミノ酸よりもサイズがとても小さく(約3000分の1のサイズ)肌の奥まで浸透されやすくなっています。

 

そのため肌におくとすーっとなじみ、肌がもちもちっと柔らかくなるのです。

 

ジーノに含まれている有効成分

ここではジーノの基本ラインナップ(洗顔・化粧水・美容液)に含まれている、アミノ酸およびアミノ酸誘導体を紹介します。

 

ウォッシングフォーム

ココイルグリシンK、、セリン、 プロリン、 ココイルグルタミン酸TEA(成分量順)

 

アミノモイストローション1

セリン、プロリン、アルギニン、アラニン、グルタミン酸、ヒスチジン、リシンHCl、ジペプチド-9 、ピリドキシルセリン、ベタイン、PCA、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、ココイルアルギニンエチルPCA、(成分量順)

 

アミノモイストエッセンス1

セリン、プロリン、アルギニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、リシンHCl、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル) 、PCA-Na、ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸エチルヘキシル、ジペプチド-9(成分量順)

 

得にジーノのなかでも量が多く配合されているセリンとプロリンは肌の潤いに効果的な濃密なアミノ酸。

 

またアルギニンは肌のハリを保つために必要なアミノ酸でもあります。それ以外にも多くの有効成分が入っているのも嬉しいですよね。

 


 

≫Jino化粧品のアミノ酸成分で肌を根本から立て直す TOPに戻る


このページの先頭へ戻る